WindowsUpdateを実行する

次はWindowsUpdateです。ウイルス対策ソフトの導入とどちらを先にするべきなのかはよく解りませんが。今回はウイルス対策ソフトの導入をしてからWindowsUpdateを行いました。

エプソンNA101ウインドウズアップデート01 WindowsUpdateの起動方法はいろいろありますが今回はスタートメニューから起動しました。
エプソンNA101ウインドウズアップデート02 WindowsUpdateプログラムがパソコン内をチェックします。ここで少し時間がかかりました。

エプソンNA101ウインドウズアップデート03 WindowsUpdateを使うにはコンポーネントを最新にする必要があるそうです。このあたりは解りにくいですよね。「今すぐダウンロードしてインストールする」をクリック
エプソンNA101ウインドウズアップデート04 Windows XP用の更新プログラムとWindows Genuine Advantage確認ツールが更新されました。違法コピーWindowsを検知するプログラムですね。こういうのが必要なことは理解しますが正規ユーザーにとってはうっとしい限りです。続行をクリック
エプソンNA101ウインドウズアップデート05 再度WindowsUpdateプログラムがパソコン内をチェックして、14個の更新が見つかりました。更新プログラムのインストールをクリック
エプソンNA101ウインドウズアップデート06 インストールが終わると、再起動を促すメッセージが表示されます。今すぐ再起動をクリックしてWindowsUpdateが完了です。
エプソンNA101ウインドウズアップデート07 エプソンNA101ウインドウズアップデート07 私はWindowsUpdateの自動更新が嫌いなので無効に設定しています。更新が公開されて直ぐに適用すると不具合があるかもしれないからです。世間の評判を確認してから適用するようにしています。無効にするにはコントロールパネルのセキュリティーセンターで設定できます。
*決してこの設定をお奨めしている訳ではありません。

でもこの状態だと起動時に警告メッセージが表示されてうっとしいんです。
エプソンNA101ウインドウズアップデート08 この警告メッセージを出さなくしました。セキュリティーセンターの左下にある「セキュリティセンターからの警告の方法を変更する」をクリックすると警告の設定ができます。自動更新を外すと警告メッセージが表示されなくなります

↑ページトップ

 
プライバシーポリシー
[PR] 名古屋 出会い 喫茶 出会い喫茶 池袋,渋谷,新宿,上野 大阪 出会い 喫茶 志摩スペイン村 試写会大阪 井真成 メインフレームエディタ 桜花賞予想